Welcome to my blog

俊智/Schun-chee

俊智/Schun-chee

image1_20170224211036bd7.jpg
ギタリストのfio(フィオ)から娘が産まれたと電話をもらった。
彼とは、アルバムを制作したり、コンサートの音響を任せたり親密な交流をさせていただいている。
「不思議な気分だ。まだ会ってないんだ」
北海道で生まれたらしい。(彼は東京)
彼の第二の故郷、あるいは本拠地になるのか。
「でも産まれる前から、テレパシーで話はしていたよ」
「今日も仕事中ずっと話していた」
と嬉しそうに語った。
夢の中では会ったらしい。
箱に入っていたそうだ。
「まさに箱入り娘だね」
「そうそう、箱から出てきたそうにしていて、「まだ早いから出ちゃ駄目だよ」って押さえてたんだけど、可哀想になって、手を入れたら指を掴んで離さないんだ。すごい強い力で掴んで離れないから、思わず抱きしめたら目が覚めた。だからそろそろ産まれるんじゃないかと思っていた・・・」
そんな話から、死生観の話になり、1時間半も話しただろうか。
「でも冷静だね、昨日産まれたんでしょ?」
「そう、だね。でも泣いたよ。嬉しかったし、ずっと会いたかったからね」
「そうだよね」
「でもテレパシーで話せてるし、しかしあれだよな、この子が40才になったらどんな世界だろうって考えるよね。俊智も80とかだし、俺も70いくつだよ」
そんな他愛ない話もしながら柔らかい祝福の雰囲気が続いた。
彼女へのこの10年も想いも聞いた。
そんな結晶が実ったのだと感動した。
しあわせに健やかに育つことを陰ながら応援してゆこう。
御誕生本当におめでとう。

→fio
Schun-chee

SCR1002_200.jpg
BGM
fioとの昔の作品
fio et Schun-chee(フィオエシュンチー)

「命の種」という曲もつくったが、この日のための音楽だったと今想う。
いつかセルフカヴァーできればいいな。
FES歌詞カード
関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply